株式会社加藤研削工業

切削工具・機械刃物の製造・再研磨・再研削なら加藤研削工業へ

経営理念

りたけんしん

利他研心

「他に良かれかし」の想いを常に持ち、全従業員の物心両面の幸せとお客様満足を追求し、
社会に価値を提供する企業となります。

  • 1、利他の心を持つ
  • 2、お客様満足の追求する
  • 3、社会に価値を提供する
  • 4、全従業員の物心両面の
    幸福を追求する

【 グランドデザイン 】

しんぎれんま

心技練磨

心を磨き 技術を磨き
日本のものづくりを元氣にする

経営理念「利他研心」グランドデザイン「心技練磨」

「ハイテクを活かし切る」 ローテクの先端でありたい

代表取締役 加藤 義竹 の写真

代表取締役 加藤 義竹

私達、株式会社加藤研削工業は昭和41年の創業以来一貫して機械刃物、木工刃物、切削工具のメンテナンスに関わって参りました。
お客様に一番近い「ものづくりの接点」(ワークと刃先)のプロとして微力ではありますが、様々な問題解決に関わりノウハウを醸成させて参りました。
私達の関われる現場はお客様のものづくりのステージの僅かな部分かもしれません。しかしその一隅に全力を傾ける私達でありたいと考えます。

近年、日本の製造業は今までにない革新を行って参りました。労働集約型産業の崩壊、高付加価値を生む仕事をしていかなければ国内では生き残れない状況になってきております。
その結果、加工方法のご提案から素材に関しても高度な技術力を必要とした複合材料、高硬度材料、難削性材料など様々なワークに対応する技術力でお手伝いをさせていただきます。

加藤義竹

会社案内

会社名 株式会社 加藤研削工業
創業 昭和41年7月
資本金 4500万円
設立 昭和55年11月
役員 取締役会長 加藤 武栄智
代表取締役 加藤 義竹
取締役営業部長 加藤愼市
取締役工場長 加藤寿男
事業内容 切削工具・機械刃物の製造・販売・再研磨・再研削
リサイクル刃物の再研磨・再研削 切削・切断におけるコストダウンコンサルティング、 ソリューション、問題解決、コーティング/テフロンコート等表面処理受託
電動工具の販売
それに付帯する製品の販売
営業品目 切削工具
機械刃物
木工刃物
食品用、包装機用刃物
リサイクル刃物等の製造、販売、再研磨
取引銀行 みずほ銀行[新潟支店]
第四銀行[沼垂支店]
新潟信用金庫[沼垂支店]
加入団体 全国機械用刃物研磨工業協同組合
先端技術研究会
新潟商工会議所
切削フォーラム21

取扱品目

  • ・チップソー
     (木工用・金属用・非鉄金属用・合成樹脂用・その他)
  • ・ダイヤモンド刃物
  • ・メタルソー(不等ピッチメタルソーⓇ含む)
  • ・メタルボーラー
  • ・エンドミル
     (ストレート・ボール・ラフィング)
  • ・タップ
  • ・ドリル
  • ・サイドカッター
  • ・食品用刃物
  • ・ナイフ類
  • ・その他機械用特殊工具/刃物
  • ・リサイクル刃物
チップソーの写真
カッターの写真
刃物の写真

主な機械設備

  • ・VOLLMER CNC制御チップソー研磨機
  • ・CNC制御メタルソー研磨機
  • ・天龍製鋸社製チップソー側面研磨機
  • ・CNC制御工具研削盤
  • ・C-40万能工具研削盤
  • ・DP-520万能工具研削盤
  • ・MZ-3BG万能工具研削盤
  • ・東洋刃物社製全自動平刃研削盤
  • ・高周波ロー付け装置
  • ・マルナカ社製カッター自動工具研削盤
  • ・天龍製鋸社製超音波自動洗浄機
  • ・ミツトヨ社製プロファイルプロジェクター
  • ・ニコン社製プロファイルプロジェクター
  • ・エアロラップ装置
  • ・その他万能工具研削盤 12台
設備の写真1
設備の写真2
設備の写真3

沿革

昭和41年7月 新潟市蒲原町にて現会長 加藤 武榮智が個人創業
昭和55年11月 資本金500万円 有限会社 加藤研削工業所へ法人改組
代表取締役  加藤 武榮智 就任
昭和60年 資本金1000万円へ増資
昭和62年 資本金1500万円へ増資
昭和63年5月 新潟市材木町へ工場を新築し移転
平成元年 資本金2000万円へ増資
平成4年 資本金2500万円へ増資
平成7年 資本金3000万円へ増資
平成7年10月 現住所新潟市東区岡山へ工場を新築し移転
平成11年 資本金3500万円へ増資
平成14年 資本金4000万円へ増資
平成18年11月 株式会社 加藤研削工業へ社名変更及び株式会社へ改組
取締役会長  加藤 武榮智 就任
代表取締役  加藤 義竹 就任
平成19年 不等ピッチメタルソー再研削サービスを開始
matalsaw.co.jp事業部 発足
平成21年 資本金4500万円に増資
平成24年5月 新潟県知事より「経営革新計画承認」を得る
平成25年9月 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金採択を得る
平成26年6月 第19回機械要素技術展(東京ビッグサイト)に初出展
平成26年10月 平成25年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金採択を得る
平成27年6月 第20回機械要素技術展(東京ビッグサイト)に出展
平成27年7月 にいがた産業創造機構より 「平成27年度高付加価値化サポート助成事業承認」を得る
平成27年10月 第19回関西機械要素技術展(インテックス大阪)に初出展
平成27年11月 燕三条ものづくりメッセ2015(燕三条地場産業振興センター)へ初出展
平成28年3月 新潟3sネットワーク「徹底3S活動」キックオフ
平成28年6月 第21回機械要素技術展(東京ビッグサイト)に出展
平成28年7月 新潟IPC財団「技術開発補助金」採択
「シュミュレーションを用いた不等ピッチメタルソーⓇにおける刃型最適化設計技術の開発」
平成28年10月 第20回関西機械要素技術展(インテックス大阪)に出展
燕三条ものづくりメッセ2016(燕三条地場産業振興センター)へ出展
平成29年2月 テクニカルショウヨコハマ2017(パシフィコ横浜)出展
平成29年4月 第2回名古屋機械要素技術展(ポートメッセ名古屋)に初出展
平成29年6月 第22回機械要素技術展(東京ビッグサイト)に出展
平成29年10月 第21回関西機械要素技術展(インテックス大阪)に出展
燕三条ものづくりメッセ2017(燕三条地場産業振興センター)へ出展
平成30年2月 テクニカルショウヨコハマ2018(パシフィコ横浜)出展
平成30年6月 第23回機械要素技術展(東京ビッグサイト)に出展
平成30年10月 第22回関西機械要素技術展(インテックス大阪)に出展
燕三条ものづくりメッセ2018(燕三条地場産業振興センター)へ出展
平成30年12月 新ものづくり・サービス展(東京ビッグサイト)初出展
平成31年4月 第4回名古屋機械要素技術展(ポートメッセ名古屋)に出展
ページ上部へ