チップソー再研磨サービス



高能率切断作業にはなくてはならないチップソーの再研磨





・非鉄金属(アルミ・銅合金) ・合成樹脂 ・木材 ・木質系ボード ・無機不燃材 ・複合材の切断


(メタルチップソー・スロアウエイコールドソーの再研磨はこちら

(「不等ピッチ」メタルソーはこちら





当社は業界トップクラスの切削工具研削1級技能士5名が、チップソーを使っていただくお客様の満足の為、工程の検討、砥石、研削盤、研削条件の最適化を行い高品位の再研磨サービスを行っております。常に諸条件に対して検討を行っており、日々進化創造を目指しております。

メーカー出荷のチップソーを一度お客様にて使用し、当社にて再研磨した後の評価が新品を凌ぐという事例も少なくないお話しです。メーカー指定の研磨角度に正確に研ぎ上げる事も重要ですが、お客様の切断状況、ご要望によって刃角修正・刃型修正も行っております。(詳しい打ち合わせが必要です)

また、高精度と短納期の対応もお任せ下さいませ。また、切断における諸問題につきましてもご提案申し上げます。 1枚からでもお気軽にどうぞ。



標準納期:再研磨のみ 弊社到着後 実働5日
特急納期: 同上   弊社到着後 実働3日(要事前連絡)(お問い合わせ下さい)


標準納期:再研磨+チップ付替修理 弊社到着後 2~3週間
特急納期: 同上  チップ付替修理のある場合 基本的にお受けしておりません。




①お客様よりお預かり    
お客様工場・弊社お持ち込み、または宅急便到着時に預かり書にて、寸法・数量の記入を行う。

②受け入れチェック   
お預かりデータと現物を照合 寸法・数量、チップの欠け・破損、大きな曲り等のチェックを行う。

③お客様名刻印
            ↓
④超音波洗浄 台金、チップに付着したヤニ・溶着物の除去を行う。

⑤受け入れ品状態チェック
現物の状態を細部チェック・台金歪み ・チップの破損 ・台金の欠損等
修理見込み状況によって、お客様へ見積の連絡を行う。

⑥台金歪み修正 台金に歪みの有るものは歪み修正を行う。
↓   ↓
↓ 【チップの破損のある場合】    
↓   ⑥-1残留チップの除去 →→→→【台金欠損のある場合】
↓   ↓                            ⑥-1-1台金溶接
↓   ⑥-2ロー付け面の整形         ↓
↓   ↓                            ⑥1-2台金整形
↓   ⑥-3チップロー付け        
↓   ↓
↓   ⑥-4台金歪みチェック

      ↓    ロー付け修理多数の場合は再度台金歪みチェックを行う。
            ↓   ↓
            ↓   ⑥-5すくい面荒研削
            ↓   ↓
            ↓   ⑥-6 側面研削
            ↓   ↓
⑦台金の2番取り
            ↓
⑧すくい面研削 チップソーすくい面の研削を行う。

⑨先端逃げ面研削 チップソー先端逃げ面研削を行う。
            ↓
⑩精度チェック
            ↓
⑪梱包出荷 「お客様工場でのバリバリ仕事をする事を祈って・・・出荷!」

資料お申込みボタン

 

ページの先頭へ